読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

『「学力」の経済学』からの3つの教育のヒント

考え方 課題解決

はじめに

子供の教育は悩みの種の人が多いだろう。生まれて直ぐはさすがにだが、1歳にでもなると教育を考え出すし、幼稚園や小学校の入学タイミングではその悩みはエスカレートし、教育や進学に関するエトセトラについてネットを叩いたり、誰かと話したりする人は少なくない。

そんな教育については、一億総評論家と言われるほど誰もかしこもが自分の意見を好き放題話をするよね、でも、その意見は何の論拠もないケースが多いよ、そうではなく科学的な根拠に基づいて打ち手を考え、意思決定をした方が良いよ、というのが教育経済学者の中室牧子さんによる『「学力」の経済学』のお話。

f:id:TKC-i:20170109003756j:plain

本の中心は、先にも書いた通り、論拠がない意見ではなく、科学的根拠に基づく打ち手などの提案を含む意味合いの紹介なのだけど、結局は、「分析」の話に帰着する。要は、原因と結果の因果関係を、データを基に回帰分析等から導出することで、意味のある打ち手を得ることができるよ、ということ。

ビジネス的には、ファクトベースで分析をしてPDCAを回しているか、という基本かつ重要な行動なのですが、ビジネスの世界でもちゃんとできている人やケースは少ない。いわんや、教育領域については、そもそものデータが日本には不足しているがために、さらに深刻な状況ってことでした。ふむふむでした。

さて、読んでみて、面白かった3点をピックアップしてみます。

  1. インプットにご褒美を
  2. 友達から受ける影響
  3. 南アフリカにおける政府統計データのネット開示

一つずつ書いていきます。

1. インプットにご褒美を

そもそも、僕たちの世界のあれこれは、インプット-プロセス(狭義)-アウトプット、のプロセス(広義)で説明されることができる。例えば、食事では、食べ物をインプットに、消化や吸収というプロセスを行い、身体や排泄のアウトプットが得られるし、例えば、戦略立案では、データやインタビュー等の定量・定性情報をインプットに、分析や演繹の思考というプロセスを行い、事業戦略などのアウトプットを得ている。

同様に、教育では、読書や受講などのインプットを得て、情報処理のプロセスを経て、テストの点数などのアウトプットを得ている。この教育のプロセスがあったときに、子供の成績を上げるためには、何にご褒美を与えればよいか?という問いに対して、本では、「良い点数を取ったらご褒美を与える」と「読書をしたらご褒美を与える」の二社選択式で展開している。

前者がアウトプットに対するご褒美であり、後者がインプットに対するご褒美であり、問いの回答から先に書いてしまうと、後者のインプットに対するご褒美が正しい、ということが、科学的に証明されている。サザエさん等のテレビでは、良い点数を取ったらおやつをあげる、叱るみたいな件が多かったりするのだけど、それは誤り、ということ。

これは、結局、因果関係の要因の方に手を打つ、ご褒美を与えることで、要因部分を成立させ、結果に結び付けられるということを意味しているのだけど、周りを見渡してみると、結果について、ほめるなどのご褒美を与える家庭が多いのではないだろうか。でも、結果って、その結果に結び付く行動をした故のことであり、結果にフォーカスしてしまうと、その行動の必要性であり重要性を目立たなくしてしまうリスクがあるので、注意が必要なのかな、と思う。

少し脱線すると、野球選手でイチローという偉大な選手がいるが、彼は準備を非常に大事にする。ちゃんと準備ができていることが全てだという。そして、仮に試合で結果が出ていなくても、一喜一憂しない。これって、準備をすることがインプットであり、試合でヒットを打てることがアウトプットなんだけど、準備であるインプットを重視しているということを意味しているのですよね。だからこそ、長期間安定的に結果、世界新の安打数を出すに至っているのかな、と思う。

そういう意味で、ご褒美であり、重視すべきは、テストの結果ではなく、その前にあるインプットである良い学習行動にある、ということであり、そのような視点に基づくコミュニケーションをすることで、継続的な正しい学習行動に結び付くのかな、と思う。

2. 友達から受ける影響

成績の良い友達と一緒にいれば成績は上がり、成績の悪い友達と一緒にいれば成績が下がる、という傾向が科学的に立証されている、とのこと。結構これはスパイシーな話なのだけど、具体的に考えると結構当たり前だったりする。

例えば、とあるA君は、算数では、足し算、引き算、掛け算ができるレベル。でも、所属するクラスには、足し算すらできないコたちが沢山いた場合、足し算の授業に時間を割く。そうすると、A君にとってはわかりきっているので、時間の無駄であり、成長の機会は減少する。逆に、微分ができるコたちがたくさんいた場合、積分の授業に時間を割く。そうすると、A君にとってはちんぷんかんぷんなので、やはり時間の無駄であり、成長の機会は減少する。

成長は、エレベータ式ではなく階段式のシステムが必要、ということだろうか。一段ずつ階段を上る、つまり、一つずつ知識や理解を積み重ねることで、次の知識や理解が着実に積まれていく、ということ。そんなシンプルな構造を踏まえたクラスや授業のシステムになっていればいいのだけど、そのように都合がよくはできていない。日本の通常の学校では。

一方、学習塾などは所謂学習能力別で受講がされており、科学的に理にかなったシステムが導入されていているということになる、実は。また、アメリカなどでは飛び級があるので、アップサイドの学生にとっては、その実力に見合った授業を受けられるシステムになっていると言える。

本当に一人一人の教育観点での成長を促進するためには、一人一人の習熟レベルを各教科別に理解して、そのレベルに対する教育を提供するような仕組みが必要なのだろう。やはり、ある種進学塾は理にかなっているのだけど、Ed-Techのサービスが、学生のサービスからのリテンション率を高めるような仕組み(ネットサービスだけだとどうしてもひょっこり辞めてしまう人が多いのが現状)も備わると、よりあるべき教育システムになるのかもしれないな、と思った。

3. 南アフリカにおける政府統計データのネット開示

著者は世界銀行にも勤めていたとのことだが、その時に、南アフリカの人と話していたら、政府の統計データはネットに開示してしまうのだとか。ネットを介してデータを入手した人が利活用して得られた意味合いがFBされ、さらに検討が前に進む、という。でも、日本ではそのようなことはない、と。オープンソースだとか、オープンイノベーションの概念に入ると思うのだけど、日本でもそのようなデータは開示して、議論を発展させたら、と。一般に、情報を出さない人は、その情報により優位性を構築するとか、批判を受けることを避けたがる傾向があるように思う。日本のケースがどうなのかはわからないのですが。でも、やはり、情報というのはどんどん出した方がよいかな、と。

本では、日本の教育がエビデンスに基づいておらず、遅れている、という論調なわけだが、もし、本当にそうなら、どんどん出して頂いて、もっとより良い教育システムを創るためにはどうすればよいか?というマクロな議論もあれば、家の中での子供との教育に関する最適なコミュニケーションは何か?みたいなマクロな議論も進められれば良いな、と思う。日本に教育経済学者が何人いるか知らないし、科学的な根拠による教育に前向きな人がどれほどいるかもわからないけど、教育こそが国力を上げますし、教育こそが一人一人の毎日を豊かにするためのインプットだと思うので。

おわりに

色々書いていたら、結構長くなりました。でも、やっぱり教育って難しいですよね。学校などの仕組みまで考えるとさらに難しくなる。でも、議論を通じた仕組みで、ポジティブなことを増やし、ネガティブなことを減らすような取組みができたら、もっと日本てよくなるのだろうな、とちょっと妄想しました。

この本には一端が書かれている教育経済学のさらなる発展を切に願いますし、機会があれば、協力したいな、と思った次第でございます。

こちらの本、ご一読をおすすめします!

子供PASMOと、子供のマネーライフの始まり

7-12歳 子育て論 仕組み構築

子供PASMOに気づきました

最近電車に乗っていてポスターで貼られていたのに気づいたのが、子供PASMO。僕たちの電車移動のデファクトスタンダードになりつつあるPASMO(およびSUICA等の交通系ICカード)は、当然僕たち大人だけでなく子供も利用しているのだよな、と再認識させられた。

f:id:TKC-i:20170104193524j:plain

一方で、僕の子供はこの春に小学校に進学するので、まさに、この子供PASMOのターゲットカスタマだったりするので、自分事感半端なく、子供PASMOの利用・運用について考えてしまったよ。というのが今回のエントリー。

子供PASMOの6つの機能と、そこで気づく子供のマネーライフ

そもそも、子供PASMOは何ができるのか?という機能理解からなのですが、基本的には大人用PASMOと変わらないようです。こちらは、公式サイトからの引用ですが、こんな感じです。

    1. 電車やバスの乗り降りはタッチするだけ。きっぷを無くす心配がありません
    2. 乗り越しも、改札機の自動精算でスムーズ!チャージしてあれば、定期券ののりこし運賃も、改札機にタッチするだけで自動的に精算できます
    3. お買い物もタッチするだけ。おこづかい分をチャージして、お財布代わりにご利用できます
    4. 紛失しても簡単に再発行OK!お子さまにも安心して持たせることができます
    5. 履歴を確認・印字できます。PASMOの使い道を、お子さまと一緒に確認できます
    6. 有効期限は12歳となる年度の3月31日まで。4月1日以降に手続きをすることによって、大人用PASMOとして引き続きご利用できます

こう読んでみると、うん、当たり前だよね。という内容が子供PASMOの機能として書かれているのですよね。要は、子供用運賃として半額対応された交通系ICカードだと。

子供であるが故の機能が、5と6だと思うのですが、6は対象年齢をロックして利用可能だよということで元々の子供PASMOの前提なのでいいとして、5の機能が結構キーだな、と思わされました。子供PASMO故の。

幼稚園で子供に定期的にお小遣いを与えている家庭は少ないと思います。彼ら彼女らが飲み物やおもちゃやらを求めてきたときに、その都度、コミュニケーションが発生し、買ってあげるみたいな家庭が多いのではないでしょうか。また、そもそも、お金を彼ら彼女らに与えるシーンも少ないと思います。僕の家では、幼稚園生の時点では、正月のお年玉の時以外で、彼らが現金を得る機会はありません。

そんなマネーライフの彼ら彼女らが、小学校になり、子供PASMOを持ち出すと、電子マネーを持つことになるわけです。PASMOを定期利用するのは電車通学している子供は当てはまりますが、それ以外の子供PASMO利用者は定期の役割ではなく、一定金額をチャージして利用されるため。そうした利用シーンが想定されたとき、はじめて、お金を主体的に使う、使える状況になることになるわけです。そうした状況を踏まえて、6があるわけですね。履歴を子供と一緒に確認する、と。この機能結構重要かな、と。でないと、結構子供のマネーライフが荒れかねないな、と思います。

子供PASMOの運用にみる意味合い

一定金額チャージしたお金をちゃんと使えるか?という局面に対する一つの機能が装着されているということですね、子供PASMO。でも、それだけで十分なのか、そもそものお金の使い方、お金の価値観を醸成する初めての機会である、などと考えたとき、小学校に上がり、子供PASMOを得る機会には他にもやることがあるのでは、昔との違いとしてある意味合いは何だろうか、と考えさせられます。

  • 電子マネーとはいえ、お金を懐にいれることになるので、このタイミングで、お小遣い制を導入。このお小遣いに対して、先の履歴機能とを突合させて、お小遣いの予実管理をする習慣を身に着ける
  • 他方で、一緒に週末レジャーか何かに行き、いいよ、ジュース買って。と子供に買ってあげるのだけど、会計は子供PASMOで支払う、などお財布元と支払元が煩雑になったりする可能性があるので、お財布元と支払元が1対1になる運用ルールを決めることが必要とも言えます
  • 予実管理をする習慣、に近いですが、これを定期的にすることが結構大事ですね。月次などで、エクセルなのかノートで管理しないと、電子マネーとリアルマネーとが整合しなくなったりします(電子マネーだと買える対象が限定されるので、リアルマネーも必要と想定)
  • そのような予実管理の必要にせまられることで、これまでと比べ、お金の入り繰りに対面する機会も増えるので、お金の大事さもわけるのではないか

こんな感じで。

おわりに

まあ、どちらにせよ、21世紀の子供のマネーライフがそこにあったりするわけですね。うまくお金と付き合える大人になる上での第一歩だったりするのかな、ということで、4月から、丁寧にコミュニケーションしようと思いました。

 

子育て支援パスポートによるポジティブな循環

課題解決

地方自治体の子育て支援パスポート

数日前のニュースで面白い話がありました。地方自治体の子育て支援の施策の話なのですが、こんなパスポート(中日新聞より引用)。

f:id:TKC-i:20161219231010j:plain

何気に初めてみたのですが、こんな特徴があるようです。

  • 子育て中の人が店舗で料金割引のサービスを受けることが可能
  • もともと愛知県のみだったが、中部九県で約1万8千店舗で可能
  • 事業の全国展開を進めているのは内閣府子ども・子育て本部

一方で、どの店舗で利用できるかがわかりにくい、地元の人以外も使えるのが少し微妙など、課題はあるようですが、個人的には、このような施策が、前のエントリーのアンチテーゼとして良いお話だなと感じています。子どもとどこかに出かけることが嫌がられるのではなく、好まれるのですから、うれしい限り。

paparaku.hatenablog.com

子育て支援施策のポジティブな循環の論点

子育て家族は、子育てでない家族よりも、出費が多いのが通常ですが、施策を通じてその出費を抑制して頂けるのはうれしい限り。俯瞰して考えると、この施策があることで、外食や外出の回数が増えて、結果的に、お店などのサービス事業者の売上は上がり、一方で、お得さから子育て家族は楽しみが増える、また、お金は回るので、国目線では、法人税やらの税金は増加するという循環があるわけです。さらに、そのような短期的な循環だけでなく、先にも記述したように、子供が受け入られる街が増えると子供の人数も増えるかも、という中長期的な出生率改善にも寄与するかもしれませんね。

課題は少なからずあるようですが、大きな流れになるように、家族目線の利便性やお得感を高めるような改善を進めてほしいな、と思いました。こうした割引施策は、お店さんが本当にメリットを享受できているのか、の効果測定が結構大事だし、その効果測定の方法が設定されたときに、基本KPIは利益グロスになると思いますが、本当に利益が増加するようなCRMの方法論が装着されていることも必要なのかな、とも思います。最近、レジなどでフリーミアムな業務インフラが広がっていることを考えると、それらの業務インフラと子育て施策の繋ぎ込みも必要かもしれませんね。そういう意味で、色々とやれることがある領域ですね。今後が楽しみです。

家事のBPR

コスト削減 効率化 考え方 課題解決

すいません、家事ランキングのエントリーは間違っていました

少し前にこちらを書きました。

paparaku.hatenablog.com

タイトルの通り、夫に一番手伝って欲しい家事のランキングについて、定量情報とともに書いたエントリーでしたが、今回はこの見方とは異なります。これらは、家事が奥さんの仕事である、という前提にたっています。とした時に、夫である自分は何の家事を手伝えば良いのか、といった順番の考え方です。

でも、本来的には、家事は誰の仕事であると決まっているわけではなく(明示的に決めている夫婦も一定量いらっしゃると思いますが)、家事は家族の仕事であると思うのです。その名の通りなのでは?と。

まず、家事を分解し、総量管理する

一方で、最近、家族の一人一人が、より楽で楽しく毎日を過ごすためにはどうすれば良いか、と考えた時に、この考え方に帰着したので、明文化してみようと思いました。

  • そもそも家事の"総量"は決まっている。前述のリンク先の通り、家事には、掃除や洗濯などの種類があるわけですが、家事の総量=A家妻×掃除機の時間+A家妻×風呂掃除の時間+A家夫×時間+・・・、と算出できる。要は、上限があるわけです
  • もう一段階俯瞰してみると、A家の夫婦合算で、とある時間量を家事に費やしていることもわかります。そのとある時間以外の家にいる時間が、家族との時間+自分の時間、になります

家事を工数立てして見える化し、総量を管理することが、時間という次元で生きている僕たちとしては有効なのではと思うわけです。

家事のBPR

その上で、家事をBPR(Business Process ReEngineering)の観点から考えます。

f:id:TKC-i:20161220221413j:plain

打ち手としては、3つです。具体的に書いていきますね。

  1. 家事の機械化・自動化
  2. 家事の外部化
  3. 夫婦の多能工化

1, 2は方向性としては類似しています。要は、家族以外の何か・誰かに、家事を代替してもらう、ということです。代替化というヤツです。

1の場合は、自動食洗機、掃除ロボットのルンバ、などが該当。これらは、イニシャルコストとランニングコストがかかるわけですが、これらのコストにより得られる時間から、時間あたりコストを算出すると、じつはそこまで高くないのではと思います。ただし、該当する家事は、洗い物や床掃除などに限定されてしまいます。

2の場合は、最近でこそ様々な家事代行サービスが出ていますが、現状、クオリティとコストがバランスした鉄板のサービスには至っていません。共働きかつ所得が多い家庭に限定されているのが現状ですが、今後サービスが最適化されたり、労働人口に変化が起きた時には、身近なオプションになっているかもしれません。

とした時に、3を真面目に考えることが必要かな、と思います。要は、奥さんも自分も、いろいろな家事をこなせるようになっていて、いつでも、家事を済ますことができる状態になっておく、ということです。このメリットは多いと思います。

  • 物理的に、家事の負担が一人当たりで減少する(働き方により異なりますが)
  • それにより、夫婦や家族で過ごせる時間が増加する
  • 疲れが減少するので、家族と接する時間は、より優しくなる、楽しくなる
  • また、家事を行う人が複数になることで、家事に取り組む機会は早期化し、家事が残っている、という状態、期間は短期化し、心理的な負担も減少する(追加すると、家事は発生した時に対応するというルール化が良いと思います)

家族の時間が楽しくなるし、奥さん、そして、自分も楽になると思うのですよね。

やはり、最初は面倒だと思うのですよね(奥さんはもっと面倒なのが現状ですが)。でも、どんなこともそうですが、しばらくやれば、経験効果でスキルは身につき、その家事にかかる時間も減少していきます。

そういう意味でも、最初は面倒だと思いながらも、家事をこなし続けるべきですね。個人的には、料理を作ることの最初のハードルが高いのですが、なんとかしたいと思ってます。世の中のパパの方々も一緒に、家事をできるようになりましょう!

「達成の方程式」と子育て

考え方 子育て論 教育

今年のビジネス書のヒット作

今年、ビジネス書の中で最も売れた本の1つに、こちらがあります。「GRID やり抜く力」

ハーバード大を卒業して、戦略コンサルティングファームのマッキンゼーでコンサルタント、その後、オックスフォード大で神経科学の修士号、ペンシルバニア大学で心理学の博士号を取得し、現在、ペンシルバニア大学で心理学の教授をされている方の本になります。

ビジネス書に分類されるのですが、副題で、「人生のあらゆる成功を決める究極の能力を身につける」とあるように、ビジネスだけでなく、スポーツなど他の様々な領域に適用できる考え方がまとめられています。先の通り、学者の方の社会科学の本なので、様々な領域の定量データや定性的なフィールドワークを統合的にまとめた内容なので、当然っちゃ当然なのですが。

才能と努力の「達成の方程式」

常日頃考え、実践している内容が、様々なファクトで立証されていて、読んでいてどんどん整理されて気持ちよかったです。そのうち、最も中心的な考え方がこちらです。

f:id:TKC-i:20161217221852j:plain

昔から、天才?秀才?とか色々な説が出ていますが、不毛な議論なんですよね。努力のパラメータが2乗で効いていて、何が重要かがわかると思います。才能も1つのパラメータとして無視はできませんが、努力のインパクトが大きいわけです。

この努力か才能かの話で思い出すのは、大学の友人の妹さんのお話。中学受験で失敗したらしいのですが、その後猛烈に努力して勉強をし、東大法学部に入り確かロースクールに留学もしていたと思います。中学受験は努力の要素もあるとは思いますが、才能がドライバーとして効きやすいですが、大学受験はプラス努力がないと厳しくなります。ちなみに、僕は逆のパターンで大学受験は失敗しちゃってます。

努力が大事。としたときのコミュニケーションポイント

この式を前提とすると、子育てや教育において、何を褒めるべきか、が明白になります。少し前に他の本で話題になっていましたね。

× 頭が良いわね

◯ よく頑張ったね

例えば、テストで良い点数を取ったとき、能力ではなく、努力したことを褒めることで、その子の成績の伸びがより大きい、というお話。

仮に点数や頭が良いことを褒めると、努力をしなくなり、その時点では良い点数をとれたとしても、難易度の曲線が頭の良さだけではカバー仕切れなくなり、努力がモノを言ってくるわけです。時間軸は実際長いわけで、その時間軸を考えた時には、才能よりも努力のパラメータが大きく効いてくるのですね。

ということで、テストだけではなく、子育ての色々な局面で、努力のパラメータをぐっとひっぱるようなアドバイスやフィードバックや会話が重要なわけですね。そういった子育て目線で読んでも、この本は結構面白かったです。

(おまけ)「達成の方程式」とイチロー

本中には、では、どのように努力をするのか、という問いへの答えも書いてあったりします。要は、少しストレッチした目標を立て、そこに向けて努力をする。そのようなPDCAを頻度高く繰り返すことで、質の良い努力をすることの重要性を説いていますが、これは、イチローの目標設定の考え方と同じで驚きました。