パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

子育て論

木村佳乃さんの子育て論

はじめに 子育て環境を提供することで子育て世代の社員を支援しよう、という会社が増えてきています。目的としては、既存社員の離職率の低下、それによる労働力の損失回避、新卒・中途の採用活動の向上、会社の信用力向上、などがあったりするのかな、と思い…

イチローが小学生に語った、成長に関する本質的な思考原理

イチロー杯と、小学生に向けた名言 知らなかったのですが、メジャーリーグでもレジェンドになっているイチローは、毎年イチロー杯なる小学生向けのイベントを開催しているみたい。そのイベントの時の小学生へのイチローのメッセージが秀逸だ。 今年の僕がみ…

子供PASMOと、子供のマネーライフの始まり

子供PASMOに気づきました 最近電車に乗っていてポスターで貼られていたのに気づいたのが、子供PASMO。僕たちの電車移動のデファクトスタンダードになりつつあるPASMO(およびSUICA等の交通系ICカード)は、当然僕たち大人だけでなく子供も利用しているのだよ…

「達成の方程式」と子育て

今年のビジネス書のヒット作 今年、ビジネス書の中で最も売れた本の1つに、こちらがあります。「GRID やり抜く力」 ハーバード大を卒業して、戦略コンサルティングファームのマッキンゼーでコンサルタント、その後、オックスフォード大で神経科学の修士号、…

「子供の目を見る」ことのポジティブな意味合い

さてさて、パパラクのたけし理論です。 子供を見る、見ていることに気づいてもらう ただの経験則なのですけど、例えば、子供が、何かの絵を描いている、そして、その絵を描き終わった、という子供の行動。そのとき、僕は彼を見ているから、夢中で絵を描き終…

最高に優秀な頭脳のお母さんの子育て論

現役McKinseyの子育てブログ 少し前ですが、世界有数のMBAに通っている時のブログが流行っていました。その1つに、MITのMBAのがあったのですが、その書き手の方が、いま、子育てブログを書かれています。 lilac.blog.jp ちなみに、MIT Sloanの時のブログが…

宇多田ヒカルが、当たり前になってしまった子育ての不都合に気づかせてくれた

宇多田ヒカルを聴いて育った。そして、いま、彼女も僕も子育てをしている ちょっと俯瞰して考えてみると、すこし不思議になりました。大学の頃だったかに宇多田ヒカルのautomaticを聴いて、いわゆる青春てヤツを過ごして、甘酸っぱい時間を彼女のいくつもの…

子供の前では仕事をしない、というルールを決める

一日は24時間。そんなコトはみんな知っているけれど 当たり前のことですが、一日は24時間です。これは、どんな人にも同じ量の時間。世界各国の老若男女にとって。しかし、この24時間の使い方は、人によって全く異なっている。これは、当たり前なのだけど、そ…