読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

子供だけでなく、親である自分も楽しめるシリーズ

子どもと過ごす時間は、本当にステキな時間です。子供の成長や息遣い、その時々の表情や会話はプライスレスなわけです。しかし、子供が提供してくれるそれらだけでなく、大人である自分自身も、その出来事自体をメチャメチャ楽しい!と思えるとなると、さらにステキな時間になるかな、と思います。

ということで、そんな子供だけでなく親も楽しめる内容をご紹介のシリーズでございます。まずは、本なのですが、"コんガらガっち あっちこっちすすめ!"

「ピタゴラ」の佐藤雅彦さんによる絵本

テレビ番組の「ピタゴラスイッチ」を知っている人は多いと思いますが、その監修をしている佐藤雅彦さんと彼の研究室の卒業生からなるクリエイティブグループが創っています。

ピタゴラスイッチ - キッズワールド NHK Eテレ-こどもポータル

 

佐藤雅彦さんは、電通のクリエイティブディレクターとして、「ポリンキー」などのヒットCMを次々に創った後に、独立した企画会社で「だんご三兄弟」でヒットを飛ばした後に、慶應大学や藝大で教授を歴任している方で、クリエイティブかつアカデミックなアウトプットを出される方と言えるでしょう。

そんな彼の絵本なわけですが、本の中身は、タイトルの通りで、いるかともぐらがこんがらがった生き物である、いぐらの冒険?!のようなお話が展開されています。ピタゴラスイッチの世界観にやはり似ていると思うので、子供は勿論楽しめるのと、ピタゴラスイッチが好きな大人の方はその世界観を好きになるのかな、と思います。

ということで、子供も親も楽しめると思います!

参考記事

paparaku.hatenablog.com