パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

アドベントカレンダーは、今!そう、9月に買おう!

アドベントカレンダーは、クリプレと並ぶ一大イベント!

9月に入って少し経ちました。もうじき夏は終わり、秋、そして、冬、いやクリスマスがきます。クリスマスプレゼントはどうしようか?と考え出したりするわけですが、もう1つ考えないといけないのが、アドベントカレンダー、かと思います。

アドベントカレンダーってなに?!という方、こちらが、wikipediaのご説明。

クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。アドベントの期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになる。

そんな古くからの習わしは、子供たちが喜ぶ1つのウィンターイベントになっています。12月に入ると、一日一個、窓なのか袋なのかを開けて、その中のモノを楽しむことができる、というイベントになっているわけです。

アドベントカレンダーの楽しさ、いろいろ

うちも、おそらく3歳くらいの頃からでしょうか。出来物やハンドメイドのアドベントカレンダーを使ったり作ったりしてきました。実感は、こんな感じです。

  • やはり朝、その日のアドベントカレンダーをめくるので、毎朝が楽しくなる
  • 子供だけではなく、親も、中身が何かが気になり、一緒に楽しむことができる
  • そんな日が、12月の24日間毎日楽しむことができる連続性、はうれしい
  • ハンドメイドにすると、それを創っている期間も楽しい。中身には何をいれようかと、子供が開けた時の顔を想像しながら、考えるのも楽しい
  • 出来物は、種類が多く、各メーカーが趣向を凝らしてるので、選びがいがあり、その年の12月の24日を楽しむための何かを探し、選ぶ過程が面白い

・・・そうなんです、出来物のアドベントカレンダーは探し、選ぶ過程が楽しいわけですが、油断すると、売り切れてしまうんですよ、昨年そんな経験をしました(泣。。。探し、買うタイミングが大事なわけです。

アドベントカレンダーを買うのは、9月がベスト!

当然、12月になると、アドベントカレンダー自体が始まってしまうので、少なくとも11月に買う必要がありますが、11月では欲しいモノが売り切れてしまっている可能性があります。10月は年度の下期が始まりバタバタすることも多いでしょう(パパゆえ。

そういうわけで、9月にゆっくりとアドベントカレンダーを選んで買ってみる、というのはどうでしょうか。ちなみに、うちは、8月に買ってしまいました。ミニオンズのおもちゃですね。8月から売っているんですね。メーカーさんもガチ!

f:id:TKC-i:20160905202340j:image

これまで、基本はチョコやら飴やらのお菓子系を選んでいたのですが、アマゾンでアドベントカレンダーをたたいてみると、レゴなどのオモチャが上位に出てきますね。キャラの種類が多いオモチャにはもってこいなのかもしれません、アドベントカレンダー。

さて、今年は、何のアドベントカレンダーにしようか?そこのパパさん、9月中に選んでしまってはいかがでしょうか。欲しいモノを手に入れられるはずです。

 

こちら↓、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村