読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

3回目の幼稚園の運動会で気づいた3つのコト

先日こちらをエントリーしました。

paparaku.hatenablog.com

公開情報と経験則から書いたのですが、昨日10月10日の体育の日に、子供の3回目の幼稚園の運動会があり、経験が+1されたので、3回目だから気づいたコト 3つについて書いておきたいと思います。

1. 場所取りに大切なもう1つの"はやさ"

親として運動会に参加する場合、子供の応援を100%楽しむためには、場所取りが大事だと思います。せっかくビデオやカメラを持参して意気込んでも、子供をカメラにおさめられる場所に位置していないと、良い映像や画像をキャッチできません。

先のエントリーにも書いたのですが、開場時間の1時間前に並べば十分、と書きました。これはその通りだと思います。今年は、1時間15分前から並んだのですが、順番は7番。やはり、1時間前に並べば十分、でした。

今年は、待ち時間が1時間超えだったので、未読の本も一冊持参して、半分くらい読み終わったくらいで、開場時間に。リーズナブルな折り畳みイスも持っていったので、ほとんど負荷なく並ぶことができました。ここまでは良い準備ができています。

さて、開場時間です。なのですが、ここで、1つ学びがありました。小走りで場所を取りに走るのですが、良い場所を取るのに苦戦しました。私より後ろに並んでいた人が、結構な速さで、マットを広げだしたのです。

私のマットは少し大きかったので、広げて場所を取るのに時間がかかりました。危うく左右と後ろから押しだされ、場所が取れないかもしれないというリスクを感じる瞬間にまで出くわす次第でした。ちょっとプレッシャーをかけつつ、なんとか所望の場所を確保できたのですが、まぢで危なかった。

そういう意味で、1つの学びとして、早く並ぶのは当然として、速くマットを広げる準備も必要、と思いました。マットを買う時点で、開きやすいサイズを選んでおくとなお良いです。場所取りは、開場してから、一秒単位で場所を取る競争であるので(本当に)、完璧な準備をしておいたほうが良いと思いました。

2. 寒さと暑さのどちらにも対応できる道具が必須

うちは、昨日10月10日に運動会だった、ということで、お天気は曇り空でした。昨年は非常に天気で、暑くて仕方なかったのですが、今年は、その逆で、曇り空なだけでなく、少し肌寒い気温でした。

うちは、運動会会場から家が近いので、休憩時間の洋服を取りに行ったりして、寒さを防いだりして、大丈夫だったのですが、結構寒そうなご家庭が多かったです。運動会は、だいたい9時から15時くらいまであるケースが多いと思います。結構な長時間なので、この気候対策は十分にしたほうが良いと思いました。

天気が良い時は、サングラス、タオル、うちわ、などがあると良いと思います(飲み物などはもちろんで)。一方で、天気があまり良くない時は、スウェットやジャンパーなどを準備しておくと良いでしょう。天気がどちらに倒れるか分からない場合、どちらも準備したほうが良いです。なんせ長時間に及ぶので。

結構地味な話ですし、少し荷物になって面倒だったりします。しかし、その6時間などを快適な環境で過ごすことで、子供の頑張りにしっかりと集中することができると思います。ですので、少し面倒だとは思いますが、是非、鉄壁の準備をして頂ければと思います。

3. 年長の運動会の時には"ハンカチ"が必携

このエントリーが3回目、である通り、うちの場合、上の子供が年長で、彼にとって、最後の幼稚園の運動会でした。参加する時は、そんな事実は百も承知なわけですが、組体操をしていた時には、感極まるものがあり、うっかり泣いてしまいました。

2年前、年少として初めての幼稚園の運動会に参加した時は、何もかもが新しく、楽しいことばかりでした。その時、年少の子供の親の立場から、年長の子供たちが立派に組体操をしている様を見て、2年でこんなに成長するのか、と思ったものです。年少の子供たちは本当に身体小さくて、よちよち頑張っているのがかわいかったのですが、年長はしっかりと組体操の型をこなしていたのですよね。

しかし、2年経ち、いつの間にか、昔見た少し先の未来に、彼と私たちがいるのだな、という時の流れの速さであり、彼の成長の速さを感じた時、とても喜びを感じたとともに、もう2年も経ってしまったのか、という寂しさを感じたのでした。

担任の先生も涙ながらに言っていたのですが、あと半年で卒園なのですよね。卒園までの大きなイベントの1つが終わってしまった寂しさも感じざるを得ません。

そういう意味でも、年長の子供の運動会の時には、涙なしにはいられないと思います。ハンカチの持参もオススメ致します。

おわりに

さて、3回目の幼稚園の運動会を振り返り、気づいたポイントをご紹介しました。書いていて思ったのは、子供のイベント、日々にある、子供の小さな小さな変化に気づいて、それを大切な思い出にする。その1つ1つを丁寧に向き合いたいな、ということです。まだまだ幼稚園の彼は続きます。一日一日を楽しみたいと思います。

おまけ

今回の運動会のお弁当の写真を、おまけ。あとキウイの杏仁豆腐もあったりなのですが、なかなか美味しかったです。普段は学校の校庭でしかないのに、運動会であることで、その校庭が、たくさんの家族がお弁当をみんなで食べる風景でいっぱいになるって、なんだかステキなイベントだな、と思います。運動会最高!

f:id:TKC-i:20161010205431j:imagef:id:TKC-i:20161010205436j:image

 

こちら↓、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

よろしければ、シェア↓をお願いします!