読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

奥さんのことを何と呼びますか?

tv

妻に愛を叫ぶ!シリーズ

昨日夕ご飯の準備をしていた時に、ニュース番組でこちらの特集がされていました。

jcc.jp

東京湾の中心で愛を叫ぶ!シリーズのようで、毎年どこかで妻に愛を叫んでいるようです。見ていると結構面白くて、結婚して10数年経っている人が、文字通り、奥さんに愛を叫んでいるのですが、その時見ていたのが、こんな叫びでした。

結婚してから、ママさんとかママと呼んでいたけど、久しぶりに、名前で呼ばせてもらう。○○、愛してる!

みたいな感じでした。これを見ていて、とても思ったのがこちらです。

なぜ、奥さんのことを、名前でなく、ママ、と呼ぶのか?

この呼び方、不思議だな、と。

奥さんのことを「ママ」と呼ぶか、名前で呼ぶか

少し調べてみると、子供がママと呼ぶから、それに合わせて、ママと呼ぶようになるようです。子供目線に合わせて、奥さんの呼び方を統一した、ということでしょうか。とあるQAサイトでは、旦那さんが子供が生まれたのですがいつからママと呼べばよいのでしょうか?と質問されたりしていました。いやいや、少し考えようよ、と。

子供が生まれ、子供は母親のことを、「ママ」だったり「お母さん」だったりと言う。そりゃそうだ。でも、夫である私たちが、奥さんのことを「ママ」や「お母さん」と通常使うのは間違っていると思う。それは、その子供にとってのおばあちゃん(父方)に対して言う言葉だ、と思うわけです。その言葉の意味をただ正しく使おうよ、と。

でも、子供が使う言葉だから、夫である自分もその言葉を使う、というのは、本当に何も考えていないで親か、子供との会話に配慮しているからだと思うのですが、前者は置いておいて、後者は配慮になっていないので、そうする意味はないと思います。別に、そのような言葉の統一をはからなくても、会話は成立するし、何かの齟齬は起きませんので。

珍しく少し熱めに書いているのは、奥さんのことを名前でなく、「ママ」とかって呼ぶの嫌じゃない?と思うわけです。逆に「パパ」と言われるのも嫌ですし。で、なぜ、嫌なのか、なのですけど、奥さんでもあり母親でもある一人の女性なわけですが、自分にとっては、奥さんなのだと思うわけです。

随分昔に出会い、付き合い、結婚し、子供も生まれたのですが、奥さんであり、一人の女性なのですよね。ママではなくて。これが変わらない部分であり、なくしてはいけない部分だと思うわけです。勿論それは夫婦の歴史として残るわけですが、二人の間にこそある意味を薄れさせるのでは、と思うわけです。

実際、奥さんと昔そんな話をしたことがありましたが、夫に「ママ」と言われることはありえない、と言っていました。そんな方は多いのではないでしょうか。逆に、「ママ」と夫にも言われることで家族が増えたとか、母親である自分を感じれる、みたいな人もいるかもしれませんね。それは、夫婦の距離感と家族の距離感との関係性によるような気がします。必ずしも、夫による「ママ」はNGではないでしょう。でも、僕は、奥さんのことを「ママ」とは言わないです!

そんな風に考えた夕方時でした。みなさんは奥さんのことを何と呼びますか?