読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

「幼稚園」を改善するツールを応援したい

3-6歳 効率化 ツール

リクルートが提供するアプリで「kidsly(キッズリー)」がある。

f:id:TKC-i:20170209221300p:plain

主な機能を引用すると、こんな感じ。

  • 登降園機能:登園、遅刻、欠席状況を毎日簡単に管理可能
  • 連絡帳:先生と保護者がコミュニケーション。体温等をシンプルに連絡可能
  • フォト:保育中の様々な写真を保護者に送付可能
  • 個別連絡:緊急連絡を確実に保護者に連絡可能
  • 園からのお知らせ:持ち物の連絡、災害時の連絡、など保護者に一斉に連絡可能
  • カレンダー:年間イベントをカレンダー表示が可能

書いてみると、そこまで斬新な機能ではないのだが、先生にも保護者にも便利な機能だらけだと思う。

僕の子供が通う幼稚園は地元の私立の幼稚園だが、このアプリではないが、登降園機能などはwebサービスを利用している。朝の忙しい時間帯に、幼稚園の方で受電できる時間帯を選んで、例えば欠席の連絡をするのは面倒だし、急な発熱が理由だとしても、休むことには後ろめたさが残る、そんな心理的なハードルを省く機能であると言える。

しかし、例えば、年間のイベントなどは、直筆の文章などが印刷され配られた紙が何枚も溜まっていく。保護者の立場でいれば、この紙の管理が面倒だし最終的には廃棄しないといけない工数もあるし、イベントなどは結局カレンダーに書き込んだりの工数もかかったりする。

一方で、この記事を書くためにかかった、先生たちの工数も多大なのではないか、と推察することができる。基本的に、幼稚園の先生はそこまで給与水準は高くないわけだが、彼女彼らの残業時間は結構あるという情報もあったりして、そう考えたときに、彼女彼らの生産性を高めるためのツールとして、このようなアプリが効力を発揮するのではないか、と思わされる。

働き方改革、という言葉が流布し、生産性を高めるために多面的な施策でありサービスが今後出ていくだろう。幼稚園の先生の生産性を高め、先生を楽にするためのサービスは歓迎だろう。そのように先生が楽になることで、その楽になったデルタの幾分かが、子供と接するときの優しさに還元されることも絶対あるだろう。そう考えたとき、やはり、このようなサービスの普及がさらに期待される。

スマホの普及率が高まっているから実現できる機能だ。例えば、googleカレンダーなどの他サービスへの連携や、写真印刷会社への連携など、サービスとしての広がりも今後あるのだろう。そのように、このようなサービスが充実していくと、子育てが楽だし、楽しくなっていくのではないか、と思い、とても応援したくなるのでした。