読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパラク研究所

日本とUSのビジョナリー企業、経営コンサルティングファーム、ベンチャー企業での事業戦略立案、マーケティング戦略立案、事業開発、事業管理、業務改革などの経験を活かして、パパが、楽で、楽しく子育てできるような毎日を研究していきます!

ケツメイシを二世代で楽しんだ卒園式

卒園式とケツメイシ

先週、子供の卒園式があって、時が経つ速さにおののいて、かけがえのない一日一日をもっと充実させたい思いを再認識したわけです。もっともっと時間をうまく使わないといけません。まあ、その話は今回のエントリーでは置いておきつつ、卒園式の時にもらったDVDの一曲がこちら。

幼稚園生とケツメイシと僕

ケツメイシは、優しいまなざしで日々を捉え、インサイトあふれる歌詞をお届けする大好きな方々なのですが、そのケツメイシと幼稚園生のコラボがすげーはまっていたという件。この「友よ」という曲は、クレヨンしんちゃんの曲らしいので、子供目線を大事にしてできたのかもしれませんが、卒園式に参加し、その余韻に浸っている親としてはとても心地よかったので、ご紹介です。

そんな風に、DVDを子供と見ながら、ケツメイシの曲いいな、とか口にしていると、横で6歳の子供が、口ずさんでいるっていうプチミラクル。10数年前に大学生だか20代前半の甘酸っぱい時期に、ケツメイシに出会い、BGMにしていた一人としては、そんな子供との状況に戸惑いつつも、なんだか楽しかった、っていう話です。

なんでしょうね、10数年を経て、自分の子供とケツメイシの一曲を、異なる目線ではあるものの、一緒に楽しんでしまえるって。ちょっと新しすぎて、印象深かったです。そんな曲なのか何かを沢山増やせたらな、とも思いました。